LA - MULANA

LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA
LA - MULANA

日本インディーゲームを牽引し続ける、全世界待望の遺跡探索考古学アクションPCゲーム。


PLAYISMでLA-MULANAを購入された方にはもれなくSTEAMキーを提供しております!

よくある質問などは、「カートに入れる」すぐ下の「ゲームフォーラム」にまとめてあります。情報の共有の場としてみなさまご活用ください。

PLAYISM Blog

LA-MULANAについて

LA-MULANA(ラ・ムラーナ)は、すべての文明の始まりと言われる謎の巨大遺跡「ラ・ムラーナ」に眠る“生命の秘宝”を求め、遺跡の中を探索する『遺跡探検考古学アクションゲーム』です。

遺跡には侵入者を拒むさまざまなトラップが待ち構えているほか、モンスターも徘徊しています。多くの謎を解き、モンスターを退け、トラップを解除しながら遺跡の最深部を目指してください。

その道のりは並大抵の物ではなく、深部へ進むほど難解な謎が待ち受けています。さあ、考古学者「ルエミーザ博士」を操作し、人類の起源を解き明かせ!

オリジナルのLA-MULANAは、NIGOROがまだアマチュアだったころに開発された作品で、有志による英語版の登場により世界で評価され、後にWiiWareにてリメイク。本作はそのWiiWare版のパソコンへ移植したバージョンとなります。

WiiWare版でDLCとなっていた超高難度ステージ『 地獄聖堂』および『 タイムアタックモード』は、PC版では初めから同梱されております。

「かつて夢中になって遊んだゲームをもっと大ボリュームで遊んでみたい!」という思いで開発された本作は、すべてが「かつての手触り」を基準に作られています。

今風とはいえない操作性、難易度。しかしライトゲームでは味わえない、1本のゲームと徹底的に対決するような没頭感を求めるゲーマーたちにオススメします。

このゲームは NIGOROからの挑戦です。徹底的に遊びつくすか、あきらめて投げ出してしまうか、攻略情報に助けてもらうか。それはあなた次第です。

~遠い昔の伝説~

それはこの地におりたった

それは空からおとずれた

この世界にひとり 動けぬ体でひとり

かえろう そらへかえろう

かえりたい そらへかえりたい

こどもたちよ わたしをたすけて

こどもたちよ わたしをそらへ

おまえたちはそのためにうまれたのだ


「旅立ちを見届ける一族」に伝わる民謡

訳:ショーン・コスギ

操作方法

プレーヤー操作/メニュー操作カーソルキー
ジャンプZキー
メインウェポンXキー
サブウェポンCキー
装備した使用アイテムを使う(ハンディスキャナで石碑を読むなど)Vキー
プレーヤー操作中にメインウェポンを切り替えるA,Qキー
プレーヤー操作中にサブウェポンを切り替えるW,Sキー
ポーズ/ポーズ解除F1キー
各メニュー呼び出しファンクションキー
メニュー画面で、装備・決定Zキー
メニュー画面で、キャンセル・閉じるXキー
メニュー画面で、次のメニューに切り替えるTABキー
メニュー画面で、前のメニューに切り替えるCTRLキー
決定SPACE,ENTERキー
キャンセルESC,Deleteキー

受賞歴

GameSpark 2012年大作ゲームに隠れた良作ゲーム 第4位

従来のアクションゲームファンだけで無く、ゲーマーならば日本のインディーズシーン最先端を感じるため一度は触れてみて欲しい作品。

IndieGames.com Top 4 Indie Platformers of 2012 (Paid)

La-Mulanaは、大量の意地悪な仕掛けがあることでFEZをわずかに上回った(FEZは5位)。巧妙なパズルでプレイヤーを悩ませるだけでなく、アクション性を要求されるステージ、そして恐ろしく強い敵、ボスがいる。かつてフリー版を楽しんだという人もいるだろう。ならば、この豪華に拡張されたリメイク版をプレイし、開発者を支援しない理由はなかろう。

Indie DB Indie of the Year 2012 TOP100

レビュー

仕掛けを解き、奥へ進めるようになったときのワクワク感、ガーディアンを倒したときの高揚感は、難易度が高いからこそ得られるもの。攻略情報などはなるべく検索せずに、もう本当に無理だと思うまでは自分の力だけで遺跡探検を堪能してほしい。クリアまでの時間は人によって異なるとは思うが、目安としては20~30時間。じっくりとプレイできるアクションゲームを探しているなら、ぜひともオススメの1本だ。-  窓の杜 週末ゲーム 第501回

Metascore 80

La-Mulanaは、昔ながらの探求アクションに根付いた、純粋なるゲームの喜びに満ちてる。その難易度から、万人にオススメできるものではないかもしれないが、かつてないほどの荘厳な2D世界の中で、尖ったアクションアドベンチャーを楽しむことができるだろう。 9/10 -  Everyeye.it "La Mulana - Recensione" -

信じられないほど素晴らしいメトロイドバニア(能力が増えることで探索できる場所が増えるタイプのアクションゲーム)だ。残酷なほど難解なパズルが、果てしない困難を与えはするが、コアなゲームファンにはたまらない。誰がこの困難を乗り越えられるだろうか。さあ、冒険のための入念な準備を! [Nov 2012] 84/100 - Pelit (Finland) -
レトロなアートスタイルの裏に、手品を見破るかのような解きごたえある冒険が待ち構えている。  83/100 - 4Players.de -

どの点をとっても、乗り越えることの叶わないような壁を越えた輝かしき作品。アート、音楽、コンテンツ、ゲーム時間。LA-MULANAは極めて高水準にある。ただし、NIGOROが主張する通り、このゲームが難しいことは否定しない。 8/10 -  Destructoid "Review: La-Mulana (Remake)" -
LA-MULANAは要素が融合した作品だ。戦闘、アクション、パズル、それぞれはバラバラではなく、3つが融合して存在している。 4/5 -  Hardcore Gamer Magazine "Review: La Mulana" -
賞賛すべき点がたくさんある。一時は海外版が出ないのではという恐怖に世界を陥れたが、リリースされてみると、これは恐怖どころではなかった。悪夢だ。そして、ダークソウルが証明したとおり、世界には悪夢で苦しみたい人々がたくさんいたのだ。 80/100 -  games(TM) "La-Mulana review" -

インタビュー

クリエイターズボイス

レトロゲームなど存在しない!NIGORO作品のテーマは「ゲームが2Dのまま進化していたらどうなっていたか」

ゲームの主流が3Dへと移り、それまで爆発的な進化を続けていた2Dゲームが廃れていきました。今では2Dゲームも改めて評価され、過去作品の移植・レトロゲーム風の新作として少なからず発表されています。

しかし我々は2Dゲームをレトロゲームとは位置づけていません。3Dゲームとは違う、ゲームの表現手法の1つととらえています。ドット単位で正確に測ることが出来る敵との距離感、シンボライズされ情報としてストレートに理解できるグラフィック。古いものではなく、2Dゲームにはまだまだ進化の余地がある、2Dでしか表現できない面白さがあると考え、2Dゲームの進化を追及しています。


最低システム要件

WindowsOS: Windows XP / Vista/ 7(最新のサービスパックを適用しているもの)
CPU: Intel® Core 2 Duo 2.4 GHz or AMD Athlon™ 64 X2 4400+ 2.8 GHz
メモリ: 2 GB RAM
ビデオカード: DirectX 9.0cに完全な互換性を持ち256MB以上のVRAMを持つグラフィックボード
サウンドカード: DirectX 9.0cに完全な互換性を持つサウンドカード
DirectX: DirectX 9.0c
空き容量: 1GB

ユーザーレビュー

12345

投稿日2015-04-23

01:07:11投稿者hitsu

最高の2D謎解きアドベンチャー

LA-MULANA2 がKickstarterで出ているのを見て、興味がわいたので1を買ってみました。
設定などは公式ページにありますが、ざっくり言うと、遺跡の各所にある石碑や協力者たちの情報をもとに謎を解き、遺跡に潜む強力な敵とのバトルをするゲームです。
最初にクリアした時のプレイ時間はゲーム内時間で25時間でしたが、自分はアクションが苦手で何度もゲームオーバーになったので、たぶん40時間くらいはプレイしていたと思います。

序盤から雰囲気が良く、自分はすぐLA-MULANAの世界に没頭できました。
ゲームしながらメモを取ったり図を書いてみたり、ゲームしていない時にも「この謎はもしかしてこうするのかな」など考えたのは、10年以上ぶりくらいです。それくらいLA-MULANAというゲームを楽しめました。

謎解きはかなり難しい部分もありましたが、他の場所を訪れたり、それまでに見つけた石碑の情報をまとめると、「なるほど、この石碑はこういう意味だったのか」と腑に落ちるでしょう。決して理不尽な謎や投げっぱなしの謎はないです。
操作性も良いので、いろんな場所に行ったり、試行錯誤したり、ゲームオーバーからのやり直しもそれほど苦にならないので、きっと楽しめると思います。
できるなら謎解きの記憶をなくして、もう一回はじめからやりたいですね。

世界観とゲーム性が両立していて、はっきり言って、最高のゲームでした。
人に薦めたいゲームを3つ上げるとすれば、このゲームは入れたいです。
もし購入を迷っているなら、公式ブログでもいくつか紹介されています(http://la-mulana.com/jp/blog/hint.html)が、プレイ動画を見てみると良いと思います。あんまり見過ぎると謎解きの楽しみがなくなるので、気をつけてくださいね。

(参考になるもの2中2件)

12345

投稿日2015-08-02

01:33:03投稿者hikaru_s22500

言わずと知れた大傑作

8bit風フリー版からのつきあいで、PC買い換えに際してもう一度買ってしまった。もう何周しているかわからないくらいだが、定期的にやりたくなる。
ゲームとしての完成度が非常に高いのは言うまでもないが、やはりこのゲーム最大の魅力は遺跡探索・超古代文明の謎の解明というロマンをどこまでも追求しているところだろう。

果たして2は今年中に本当に完成するのだろうか。座して待ちたい。

(参考になるもの1中1件)


ロード中