To the Moon

To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon
To the Moon

価格: ¥1008


死ぬ前にどうしても叶えたい、月に行きたいという願い――。海外で数々の賞を受賞したアドベンチャーダウンロードPCゲーム、待望の日本語版登場。


よくある質問などは、「カートに入れる」すぐ下の「ゲームフォーラム」にまとめてあります。
情報の共有の場としてみなさまご活用ください。

本作は、海外のRPGツクール(RPG maker)で開発された、戦闘の一切ないアドベンチャーゲームです。

後期スーパーファミコンを彷彿とさせる美しいドット絵と優れたストーリーと、『プラントVSゾンビ』の音楽を担当したLaura Shigiharaさんの主題歌で構成された本作は、インディーズ作品でありながら、大手の作品も対象となるコンテストで数々の賞を受賞しています。

ゲームファンから日本語化を心待ちにされていた作品で、ついにPLAYISMから日本語版を独占配信でお届けいたします。

To the Moon ストーリー紹介

本作の舞台は近未来。

主人公の2人は少し変わった仕事をしています。

それは、人生の最後の最後、思い残すことなく死を迎えるために、思い残した夢を叶えてあげること。

彼らは、あるマシンを通じて、人の記憶にコンタクトし、少しずつ過去へと遡りながら、記憶の奥深くに思い残した願いを設定します。

すると、マシンはその人の記憶と願いを掛け合わせ、叶えたかった夢へと向かう仮想の人生を再生します。人の意識の中で、夢を叶えてあげるのです。

今回のオファーは、ジョニーという老人からの『月へ行きたい』という願い。2人が老人のところへたどり着いた時には、もう彼はこん睡状態にありました。

To the Moon ジョニー 寝室

どうして彼は、月へ行きたいのか?彼の一生はどのようなものだったのか?そして、彼は月へ行けるのか……。

To the Moon リー医師

To the Moon 星空

この切なく美しい物語を、ぜひ体験してみてください。

キャラクター紹介

エヴァ・ロザリーン
To the Moon エヴァ
本作主人公。シグムントコーポレート社員。マシンを通じて、思い残した夢を幼少期の記憶にセットし、死の淵にある人間の記憶を書き換え、幸せな気持ちで死を迎えさせる仕事に従事。

ニール・ワッツ
To the Moon ニール
本作主人公。エヴァとは同僚であり、彼女とタッグを組んで仕事に取り組む。お調子者で、口を開けば冗談を繰り出す。その実、心に秘めた思いは強い。キライなものはオリーブのピクルス。

ジョン・ワイルズ
To the Moon ジョニー
通称ジョニー。本作の患者。主人公2人が到着した時にはすでにこん睡状態にあった。彼が思い残した夢は「To the Moon」。すなわち、月へ行くこと。なぜ行きたいかはわからない。ただ、行きたい・・・。この老人の人生を遡ることで物語は進む。

リヴァー・ワイルズ
To the Moon リヴァー
ジョニーの妻。今はもう亡くなっている。延々と折り紙でウサギを折り続けたり、灯台が大好きな、少し変わったところのある女性。ジョニーの人生に大きな影響を及ぼしているのは間違いないが・・・。

To the Moon 序盤実況プレイ動画


受賞歴

レビュー企画

PLAYISMにてレビュワーを募集し、本作のレビューをいただきました。

翻訳はいい感じである。不自然な日本語はほぼ見当たらず、ビジュアルも相まって「日本のゲームです」と言われれば、疑う人も少ないだろう。 - NYDGamer "レビュー『To the Moon』" -

伝統的なRPG形式かつドット絵による物語表現だからこそ、絶妙ななにかが成立してる - 9bit "『To the Moon』は琴線を殴る" - 

こうして因果を逆にたどるというのは探偵アドベンチャーなんだろうなと思う。 - Miyaoka Note "To the Moon" -

ちょっとウルウルきちゃったり、ハッとしちゃう場面もあって、凄く濃密な物語を楽しめました。 - くまにもすすめたい "番外編『To The Moon』" -

ストーリーが気に入るかによって違ってくると思うので、気に入る人は気に入るとは思いますね。 - ゲーム日記のようなもの "「月に行きたい」To The Moon 感想&紹介" -

マイナス面も多々ありますが、音楽とストーリーは評価に値します。 - Yata Blog "レビュー:海外インディーRPG「To the Moon」 - RPGの形をしたビジュアルノベル" -

物語は切なく心が温まるもので、恥ずかしながら今回が初プレイの筆者は、プレイ中は堪えていたもののエンディングでたまらず号泣してしまいました。 - GameSpark "短編映画のような切ない物語『To The Moon』日本語版プレイレポ" -

「泣ける」だとか「感動する」なんて紋切り型の言葉で済ませてはいいゲームでないということは、どうも間違いないようである。 - 毎日ムキムキ "『To the Moon』は、本当に「感動した」で終わらせていいゲームなのか?" -

「喪失」を、実感として知っている、大人であればあるほど『To the Moon』に、より強く、胸を打たれる - AstralGate "『To the Moon』 レビュー 「『あの頃』へ」" -

やるせなさと感動が入り混じってます。不思議な感じです。あと、翻訳がとても良いお仕事をされてました。全く違和感なし。 - あわもる "To the Moon 雑感" -

素晴らしいパワーを持った物語だった。映像と言葉、そして音楽が融合した素晴らしい作品だった。心と胸とが熱くなった。 - 旧世紀網膜博物館 "展覧会/To The Moon"

朝日新聞掲載

2月2日土曜日の朝日新聞東京本社版 夕刊に『To the Moon』が、文化面の茶話 ゲームコーナーに掲載されました。

To the Moon 朝日新聞

懐かしさを感じるドット絵で描かれたSF物語だが、夢と現実、そしてゲームで遊ぶこと自体を考えさせる奥深い内容になっている。

Metascore 81

あっという間に心を奪われる作品のひとつだ。シンプルであるが、上質なデザインで、信じられないほどのストーリー、スリル、心に触れる物語。『To the Moon』はゲームというよりは読み物に近いかもしれない。だが、この読み物が素晴らしいのだ。 10/10 - Gamer.no "To The Moon" -

この小さなゲームは、これまでゲームを通じて語られた物語で、最も感動的なストーリーである。ゲームの仕組みは非常にシンプルではあるが、この物語には真実があり、大人にこそプレイしてみてほしい。私はこのゲームをプレイし、涙した。まったく、魔法のような作品だ。 [Feb 2012] 93/100 - Pelit (Finland) -

一見クロノトリガーのように見えるかもしれないが、これはいわゆる伝統的RPGではない。間違いなく、アドベンチャーゲームだ。主人公たちは、ジョニーの思い出の中にあるさまざまな「記憶のトリガー」を見つけるために、最近の思い出から過去の思い出へと人生を逆方向に遡っていく。 90/100 - RPG Fan "To The Moon" -

To the Moonは、必ずプレイすべきゲームだ。この4時間ほどの物語は、10ドルほどでダウンロードできる。この4時間は、運命をいかにして変えられるかという物語であり、衝撃を受けるだろう。今こそ、運命をコントロールする時だ。To the Moonをプレイしよう。きっと喜んでいただけるだろう。 8/10 - GameSpot "To the Moon Review" -

平凡なつくりではあるが、一つの運命にまつわる愛と喪失の物語は、あらゆるジャンルを超え、ゲーマーの心を打つだろう。インタラクティブ性と芸術性がゲーム内で融合していないとしても、そのバランスは上手く保たれている。 8/10 - Games.cz "To the Moon - recenze" -

『To the Moon』は、決して体験できないもう一つの人生を描いた素晴らしい物語だ。今年プレイした中で、最高のゲームのひとつだ。 4/5 - GamesRadar "TO THE MOON REVIEW" -



最低システム要件

WindowsOS: Windows 98 / XP / Vista / 7
CPU: Intel Pentium III 800 MHz
メモリ: 512 MB RAM
解像度:1024x768 以上
DirectX®: 9.0
空き容量: 100 MB以上

ユーザーレビュー

12345

投稿日2016-05-20

02:01:26投稿者からすちゃん

一本の映画を観ているような、そんな素晴らしい作品!

今までこういったアドベンチャー形式のゲームを遊んだ中で、最高の素晴らしい作品でした!
どうしてジョニーは月に行きたいのか?
という謎をジョニーの過去と共に紐解いていく内に、物語に引き込まれていって
「死」や「病」など、少し重く悲しい描写もあるのですが、
ユーモアたっぷりのジョークを飛ばすニールとエヴァのやりとりで所々笑みがこぼれました。
音楽、グラフィック、総合的に演出がとても素敵で人物のアクションが細かく、ドラマチック。
最後には一本の映画を観終わった気分で、とても胸が熱くなりました。

是非、多くの方に一度プレイしてみてほしい作品。

(参考になるもの0中0件)

12345

投稿日2016-05-19

14:11:34投稿者minamihakofugu

進行不能のバグ

馬に乗る場面で、押していないのにカーソルが下方向に入り続けて動けなくなる。
進行不能。

音楽雰囲気はいいだけに残念。

(参考になるもの0中0件)


ロード中