片道勇者プラス

片道勇者プラス
片道勇者プラス
片道勇者プラス
片道勇者プラス
片道勇者プラス
片道勇者プラス
片道勇者プラス
片道勇者プラス
片道勇者プラス
片道勇者プラス

価格: ¥600

DLC

片道勇者 無料

片道勇者が気になったら、まずはここから!

片道勇者 steamキー ¥200

片道勇者steamキーが購入できます。
steam版の簡単な詳細はページ下部を参照ください。


二度と引き返せない冒険に出よう。


  • 片道勇者プラスのプレイにはライセンスキーの入力が必要です。
  • PLAYISMで片道勇者プラスを購入された方には、無料で片道勇者プラスのSteamキーを提供致します。

PLAYISM Blog

片道勇者フォーラム

片道勇者とは

『片道勇者』は、ウルフエディターやシルフェイドシリーズで知られるSmokingWOLF氏が、開発13周年を記念し開発したフリーゲームで、これまでの累計ダウンロード数は20万回以上を誇る名作RPG作品です。なお、本作『片道勇者』も、ウルフエディターによって開発されています。

この世界は『闇』に支配された世界で、『闇』は、ゲーム中、常に画面左側から世界を喰らい続けて行きます。

プレイヤーが一歩移動したり攻撃したりすれば敵も1ターン行動する、いわゆるローグライクと呼ばれる形式のゲームで、ここに横スクロールという概念を持ち込んだ、新しいゲーム性を完成させた作品です。

『闇』に飲まれればゲームオーバーとなりますので、引き返すことはできません。

 街で用事をすませている間も、戦っている間も、世界は強制的に 右にスクロールします。マップを進み続けながら、魔王を倒し、世界を救わなければなりません。

おそらく初期に最も多い死因は、ダンジョンに突入したものの脱出が間に合わなくなり、そのまま画面端に飲み込まれてしまうケースではないでしょうか。

他にも、

  • 「ぎりぎり間に合うと思ってアイテムを拾いに行ったら、ちょうど画面端に飲み込まれた」
  • 「前から来た敵と長期戦を繰り広げていたら、敵と画面端に挟まれて逃げ場がなくなった」
  • 「買い物していたら街の入口がスクロールにのまれて出られなくなり、必死に壁の破壊を試みた」

など、スリルあふれる冒険が1ゲーム平均30分ほどで楽しめますので、ぜひこの一方通行の冒険に挑戦してみてください。

自分だけの勇者で旅に出よう!

ゲームスタート時には、クラスや容姿の選択、
さらに筋力・敏捷といった基礎能力の初期値にボーナスを与えられます。
あなただけのお気に入りの組み合わせでこの闇迫る世界をくぐり抜けましょう
片道勇者 キャラメイク

冒険の度に、新たな世界へ旅立とう!

片道勇者 世界選択
冒険の舞台となる世界は、毎回ランダムで異なります。
また、「キャンペーン」と呼ばれる変わった世界が日替わりでオンライン配信普段とは違う特殊な冒険を楽しめます。
そして、同じ名の世界を旅する者同士は、他のプレイヤーの状況をなんとなく知ることができたり、
同じ世界で先立った他の勇者の霊と共闘したり、力を受け継いだりと、ゆるいオンラインプレイが楽しめます。

冒険する度に、強くなれる!

ゲームオーバー、もしくはクリアすると「評価画面」に入り、自分のプレイが評価されます。
その評価に応じて「勇者レベル」が決定し、このレベルに応じて伝説ポイントがもらえます。
この伝説ポイントで、新しいクラス、新しい特徴など、様々な追加要素を得ることができます。
片道勇者 評価

一方通行の冒険は、仲間と進もう。

片道勇者 仲間
時に、冒険を助けてくれる仲間に出会うこともあるでしょう。
しかし、必ずしも仲間にできるわけでありません。仲間にできるかどうかは、「魅力」のレベルが重要となります。
日替わりキャンペーンでは、確実に一人は仲間にできます。
キャンペーンを覗いてみると、まだ見ぬ仲間に出会えるかもしれません。

クラス紹介

片道勇者 剣士A
片道勇者 剣士B

剣士

旅の剣士。
連続攻撃率が他のクラスの2倍で強化技『ベルセルク』
も使用でき、近接攻撃においてはほぼ最強です。
スタミナや持てる重量も多めです。
片道勇者 騎士A
片道勇者 騎士B

騎士

お城で、騎士として勤めを果たしていた人間。
盾のダメージ減少効果が2倍あり、防御技『グレート
ウォール』も使え、防御力が極めて高いクラス。
初期装備も良いので、初心者向け。
冒険を進めることで、新しいクラスが解放されたり、他の外見を手に入れたりすることができます。

スキル紹介

覚醒

次から3ターンの間、一方的に動ける。また、その間は攻撃力も上昇し、フォースの集中も不要になる。冒険中に5回までしか使えない。

ベルセルク

自己を大幅強化し、約15ターンの間、攻撃力2倍、LIFE30ずつ自然回復する。効果が切れるとしばらく最大LIFE・STが1/3になり行動速度も遅くなる。1日1回。剣士限定。

グレートウォール

使用後、STを毎ターン1ずつ消費して受ける物理ダメージを1/3+自然回復。背面から受けるダメージも増えなくなる。一歩でも動くと解除される。1日1回。騎士限定。

強打

全力で2.5倍の攻撃力の一撃を放つ。壁や宝箱へのダメージも大きい。武器消耗速度2倍。
他にも数多くのスキルが存在します。

難易度の選択も可能!

■やさしい旅

400kmで現れる魔王を倒す特別編。所持重量が、+10もらえます。

■普通の旅

一定時間ごとに現れる魔王を倒してください。そこそこの歯ごたえで、攻略できれば一人前!

冒険を進めて行けば、さらなる難易度の旅を楽しむことができ、いつかは世界を食らう『闇』の正体さえ知ることができるでしょう。

操作方法

決定・攻撃・話すZキー・Enterキー
サブキー・方向転換Cキー・Shiftキー
キャンセル・メニュー呼出Xキー・Escキー・BackSpaceキー
整頓・斜め移動キーCtrlキー
移動カーソルキー
画面サイズを変更F4
全画面切り替えAlt+Enter
タイトル画面に戻るF12
キー設定はゲーム内で変更可能です。ゲームパッドも利用可能です。

片道勇者の受賞歴

投票者からは100時間プレイしたというコメントも寄せられています。世界が闇に飲まれていくという物語とゲームシステムの融合も見事で、今年のフリーゲームを代表する作品のひとつとも言えるでしょう。

片道勇者のレビュー

強制スクロールという独自システムを搭載することで、いわゆるローグ系RPGの遊び方に新たな面白さを付け加えることに成功している。それに加えて、見やすくまとめられたグラフィックス、簡潔ながら必要な情報が網羅されたインターフェイス、耳に心地よいサウンドエフェクトやBGMなど、作りの丁寧さは商業作品にも劣らぬクオリティだ。 - 窓の杜 週末ゲーム 第498回 -

RPGのお約束「世界が滅びへと向かっている」ことをタイムリミットとして画面に表示しつつ、ゲームのシステム=強制スクロール・タイムリミットとして無理なく落とし込まれている。 -  もぐらゲームス 行きて帰らぬ物語―いやプレイヤー的な意味で。 SilverSecond『片道勇者』レビュー -
ビジュアルは乏しく、容赦ないゲームプレイながら、それでも『片道勇者』は楽しく、夢中になれる作品で、迫り来るというローグライクスタイルは革新的だ。-  USgamer "The Never-Ending Journey: One Way Heroics PC Review"  -

片道勇者はいかにして生まれたのか

「強制横スクロールRPG」という珍奇な単語が脳裏に浮かんだのは、2011年11月頃のことです。

常識的に考えれば「強制スクロール」と「RPG」なんて、まるでジョークのような組み合わせです。過去にそういったゲームが作られているか調べたところ、どうやら非常にマイナーなジャンルであることが分かりました。ほぼ未開の分野であることが分かると、逆に心に火が点きました。
次第に「強制横スクロールRPGは必ず面白く作れるはずだ」という妙な確信が生まれ、どうしても開発に挑戦してみたくなったのです。それが、『片道勇者』の全ての始まりです。

スリルあふれる冒険が1ゲーム平均30分ほどで楽しめますので、ぜひこの一方通行の冒険に挑戦してみてください。

片道勇者の展開

フリーゲームである本作について、PLAYISMでは英語ローカライズを施し、PLAYISM英語サイトで One Way Heroicsとしてリリース。さらに、 Steamでの展開も行いました。(Steam版は有料コンテンツとなります。下記特典が追加されていますが無料版と内容は変わりありません。)

    さらに、片道勇者をより遊びやすく、より深く楽しめるローグライクへと進化させた片道勇者プラスを追加コンテンツという形式でリリース。PLAYISMではプラス版の英語ローカライズおよびSteamパブリッシングを行っています。

    また、本作をBitSummit2014で展示した際、スパイクチュンソフト様からの打診を受け、リプロデュース作品『 不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ』がPS4/PS Vitaで配信されました。(PLAYISMは本作『片道勇者』の商標管理等でサポートしています)

    Steam版特典

    • Steam 実績
    • フルコントローラーサポート
    • Steam トレーディングカード
    • Steam クラウド

    片道勇者プラスについて

    ダウンロードウィンドウにて表示される 「SERIAL: xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx STEAM: XXXXX-XXXXX-XXXXX」では、前半の 「SERIAL: 」から始まります4桁の英数字が7つ並んだものはゲームのライセンスキーであり、後半の 「STEAM: 」より始まる5桁の英数字が3つ並んだものはSTEAMでゲームを有効化するキーとなります。

    よりライトに、よりディープに楽しめるローグライクへ!

    日本国内で20万ダウンロードを越えたリーゲームの名作として名高い強制横スクロールローグライクRPG『片道勇者』がパワーアップして登場。

    ショートカット機能、加速機能、自動振り向き機能、敵発見時の一時停止機能などが搭載され大幅に遊びやすく、そして大規模なバランス調整を行い、「より判断力が求められる」ローグライクへ進化しました。

    片道勇者プラスPV

    プラス版で新たに利用するキー

    ショートカット使用キー。初期状態では押し続けるとショートカットを使用できます。F4
    ショートカット切り替えキー。Aキーは左へ、Dキーは右へ1つ切り替えます。Aキー・Dキー
    加速キー。押しながら移動すると3倍速で移動でき、メッセージ中に押すとメッセージスキップができます。Vキー

    3つの新クラス追加!

    理騎士

    剣と理力を使いこなす、バランス型の戦士。

    忍者

    瞬間的な攻撃力・移動力なら最強ですが、命を削ります。

    観光客

    能力値は最弱ですが、旅行記を「完成」できれば特殊なエンドを迎えられます。

    クエストや仲間の追加によるストーリー強化!

    無印版では、「魔王を倒す」「果てを目指す」など、計3つのゴールがありましたが、プラス版では「魔王を倒す」以外に4つのクエストや一風変わったゲームクリア手段が追加され、ゴールは計9つに増えました。新たな「仲間」も2人増え、『片道勇者』のストーリーはこれまで以上に広がります。

    片道勇者プラス 暗黒の騎士

    片道勇者プラス 自分の城

    次元の金貨で、自分の城をつくろう!

    まれに手に入るアイテム「次元の金貨」を集めることで、城を増築したりストーリーやプレイに影響する新たな住人を城に呼ぶことができます。新たなクラスを解放するためのクエストも、城の住人を呼ぶことで始まります。

    新要素、「国」

    『片道勇者プラス』では、新たに「国」という概念が生まれました。長く旅を続けていくうちに、従来の「最初の民族の国」だけでなく、「異民族の国」や「獣人の国」を通過する場合があります。そこの住人は、最初の国とは違う個性豊かな人々ばかりです。他の国で高値で売れる交易品や、特定の国だけで高く売れる品物もあるでしょう。

    片道勇者プラス 異民族の商人

    片道勇者プラス 要塞地形

    冒険を盛り上げる、新たな「地形」

    大規模な水地形の中、足場が少ない砂地で戦う「海岸」地形、ミニマップが役に立たなくなり、時には掘り進む必要がある「大洞窟」、巨大な迷宮で、現れる敵も強い「要塞」など、旅が長くなるほど、より過酷な地形での冒険が繰り広げられます。

    ゲームに彩りを加える、新たな特徴

    プラス版では、新たな『特徴』が計9種類追加されます。中には特殊な『特徴』として、セットすることで旅が不利になる代わりに最終評価を上げることができる「マイナス特徴」が追加されています。

    「相手の正体が分からなくなる」「自分のLIFEや受けたダメージが分からない」「たまにアイテムを落とす」といったマゾなプレイに挑戦したいあなたにぜひ。

    片道勇者プラス LIFE不明

    片道勇者プラス 協力NPC

    冒険をサポートする、協力NPC登場

    従来の、主人公と同じマスで戦う「仲間」とは違い、別のマスにいて追尾してくる「協力NPC」を新たに搭載!荷物の運搬ができる動物や、戦闘に特化した者、飛べる者など種類は様々です。

    新たな脅威、中ボスの存在

    一定時間が経過するごとに「中ボス」級に強化された敵がお供と一緒に出現します。勝てば多くの物を得られますが、時には逃げなければならない場面も出てくるでしょう。魔王が脅威でなくなっても、次は彼らが新たな脅威になるのです。

    片道勇者プラス 中ボス
    片道勇者プラス 協力NPC

    アイテム・スキル・NPCが大量追加!

    全アイテム数は260種以上!

    工夫次第で戦いは、より有利に導くことができます。

    スキルやフォース、約30種類追加!

    今の冒険で何が必要なのかを見極めましょう!

    NPCも230種類以上に大幅増加!

    個性豊かな住人や、新たな敵との戦いが待っています。

    よくある質問

    Q. フリーゲーム版のセーブデータをプラスに引き継げますか?

    A. フリーゲーム版からセーブデータを引き継ぐことが可能です。ゲームを開始する前に旧データの「Saveフォルダ(またはSave_JPフォルダ)」を「片道勇者プラス」フォルダ内にコピーしてプラス版を起動すると、引き継げます。(実際はSaveフォルダ全部でなく、旧Saveフォルダ内の「System.dat」だけで問題ありません)

    間違って引き継ぎしないまま始めてしまった場合は、「Save_JP_PLUS」フォルダを削除して、再びゲームを起動してください。それまでのプラス版のデータは消えてしまいますが、もう一度最初から引き継ぎが可能です。

    ※引き継ぎに関しての注意点

    • 次元倉庫・伝説ポイント・クリア状況・クラスや特徴の解放状況が引き継がれます。
    • 武器・防具は【全ての付与が消え】、【耐久度が最大値】まで戻ります。
    • 剣の巻物・守りの王の巻物など、ランダムで装備に付与を付けるアイテムは全て引き継ぎ時に【消滅】します。

    Q. 画面が小さい

    A. ゲームプレイ中、F4キーを押すとディスプレイいっぱいに画面が広がります。また、Config.exeを起動して「フルスクリーン」に設定して起動すると、完全な全画面になり、処理も軽くなります(ゲーム中にAlt+Enterでも同様です)。どちらかお好みに合わせてお使いください。

    Q. インターネットに繋げなくても遊べるの?

    A. はい、遊べます。オプション設定から「オンライン機能の使用」をOFFにしてください。

    Q. ゲーム中にノイズが発生するんだけど?

    A. Xonorのサウンドボードでは、(ウディタ問わず割と色々な)ゲームの起動後に、バリバリとノイズが発生する現象が確認されているようです。

    <Xonor D1やXonor DGなどでノイズが解消された対処法>

    • Xonar D1(DG) Audio CenterでGX Modeを無効にすると直った。
    • 普通に起動したらノイズが乗るが、片道勇者を起動する際にアイコンを右クリックして「管理者として実行」から起動すればノイズが乗らなかった。

    Q. WOLF RPGエディター本体のBGMバグについて

    A. Config.exeでBGMの再生をOFFにして、ゲームを開始してセーブして再度ロードしてプレイしようとすると、音声ファイル読み込みエラーサウンド:ファイル[Data/]が見つかりませんと表示されるバグがあります。このバグについてはちょっと修正の目処が立っておらず、WOLF RPGエディターの次回更新の際に修正する予定です。今のところは、ゲーム内でBGM音量を0にしてプレイをお願いします。ただBGMを0にすると、今度はBGM切り替え時にかすかに音が鳴る変な現象が発生します。これもバグですので、次回修正予定です。

    Q. 終了時にエラーが出る

    A. Windows7 64bit版でゲーム終了時にWindowsのエラーが出る場合は、Game.exeを右クリック→プロパティ→「互換性」タブより、「互換モード」を「WindowsXP SP3」に設定するとエラーが出なくなったというご報告をいただきました。

    Q. 海外OSでもプレイしたい。

    A. 英語版OSでプレイすると一部文字が表示されないそうです。しかし言語を「日本語」にし、片道勇者のDataフォルダーにある「umeplus-gothic_mod.ttf」を手動で(Windows\fontsフォルダに)インストールすれば、正常にプレイできるとのご報告をいただきました。

    関連ブログ記事


    最低システム要件

    Windows

    OS: Windows 2000 / XP / vista / 7 

    CPU: Pentium III 1.0GHz 以上

    メモリ: 256MB 以上

    DirectX: 9.0 以上

    解像度: 800x600 以上

    キーボードかゲームパッドでプレイ可能


    ユーザーレビュー

    12345

    投稿日2015-03-31

    19:26:02投稿者ファイ

    まずは無料版を

    ローグライク系(不思議のダンジョン系)のゲームが好きならぜひやってほしい!

    どんな感じかは無料版やればわかりますが、簡単にいえば
    最終的に世界を救うのが目的のゲームです。

    このゲームの大きな特徴としては、
    ●共通の特徴が5つまで選べる(体力が多い・持ち物が多く持てる等)
    ●キャラによって独自の特徴・スキルを持っていて、性能が違う
    ●難易度が選べる
    ●仲間を途中探さなければいけない(場合によっては最初から仲間になったりもします)
    ●城を増築して、好きなお助けキャラを配置できる(プラス版のみ)
    ●クリア・ゲームオーバー時の最終評価がある(ツイッターに投稿できます)
    等といったようなものでしょうか
    (他にも色々あると思いますが、書いてるとなかなか思い出せない……)

    難易度を自分で選んで、やることが出来るため
    特徴なし・最弱キャラ・アイテム引き継ぎ無しで最大難易度をやれば、ハゲること間違いなし!
    自分もあまりクリアできることがないので、上記の難易度は正直運ゲーに近いと思いますwww

    とりあえずは無料版をやって、
    無料版で物足りないと思ったらプラス版を買うのをオススメします。

    ただ、steamで実績を解除したい・バッジ欲しい人はこっちで買うべきですが、別に気にしない・steamって何?って人は
    ホームページで買ったほうが若干安いのでそっち行ったほうがいいですよ。
    http://www.silversecond.net/contents/game/katamichi_plus/

    まぁ、ここ開いてる人は大抵ホームページ知ってると思いますが……

    (参考になるもの16中16件)


    ロード中