ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~

ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~
ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~

価格: ¥3024


「ワーネバ」の愛称で親しまれている「架空世界体験シミュレーション」ワールド・ネバーランドシリーズの第2作目作品。


よくある質問などは、「カートに入れる」すぐ下の「ゲームフォーラム」にまとめてあります。
情報の共有の場としてみなさまご活用ください。 

「ワーネバ」の愛称で親しまれている「架空世界体験シミュレーション 」ワールド・ネバーランドシリーズの第2作目が、この『プルト共和国物語』です。その名の通り、国民の選挙によって選ばれる「評議会議長」が国家元首で、もちろん、あなたも他の住民たちと同じく、国家元首を目指すことができます。

ワールド・ネバーランド2 ?プルト共和国物語? プルトメインビジュアル


デモプレイ動画

ワーネバシリーズは、舞台となる国を、そこに住む人々ごと、土地や建物、社会のしくみや組織、さらには動物たちまで、まるごとシミュレートしているのが大きな特徴です。人々は個性的で、それぞれの目的を持ち、社会や家庭での役目も担いながら暮らしています。それはコンピュータの中に存在する生きている国家なのです。

プレイヤーは、この完全な世界に移住して、ひとりの国民としての生活を送ることになります。このゲームには決まったシナリオはありません。ゲームを始めた瞬間から、一期一会のあなただけの物語がスタートします。過去のセーブデータからやり直したとしても、同じ展開になりません。それは、プレイヤーだけでなく国に住む人々すべてもそうなのです。

ゲームの目的はあなたが決める。

架空世界の一住人となり、自由に生活するのが『ワールド・ネバーランド』のテーマ。 決められた目的は存在せず、気の向くままにほかの住人と交流したり、仕事や訓練などをしながらその世界が楽しめます。また、気に入った異性とデートを 重ねて結婚することもできますし、プレイヤーキャラを子供に引き継げば何代にもわたって(半永久的に)生活することだってできます。 すべてが自由意思で決定できる究極の生活体験ゲーム、それが『ワーネバ』なのです。

ステータス

基本は「住民になりきって」楽しむコト

あなたがプルト共和国で体験するあらゆる出来事は、他の住民たちも体験します。 自分が主役の時もあれば、参加者の場合もあります。また、参加するかどうかもプレイヤーの自由。自分の結婚式はもちろん、家族の結婚式、知り合いの結婚式 にも参列者として参加できます。「出産」、「結婚式」、「葬儀」のような個人的なものと、「新年祭」や、祭などの国家行事、 各種武術大会などもあります。

広場

舞台は、自然豊かな海洋都市国家、プルト共和国

プルト共和国は、北西を海に望む自然豊かな海洋都市国家で、サイファ評議会を中心にする共和制をしいています。いろんな人種からなる多人種国家で、人々は自然の中のさまざまなものに神が宿っていると考える多神教「ワクト教」を信仰しています。

港

操作方法


基本操作方法 
決定・話しかけるXキー
キャンセル・訓練・祈る・閉じるZキー
アイテムを持つ/置く・仕事するAキー
「おーい」(呼び止める)Sキー
キャラクターの移動・カーソルの移動方向キー
方向キーと同時押しで走る左Shift
メニューを開くEnterキー
画面右下表示情報の切り替えSpaceキー
持っているアイテムの切り替え右Shift
ワンポイント・ヘルプ左Ctrl
ネームプレート表示の切り替え右Ctrl
フルスクリーン・ウィンドウモードの切り替えF2
ウィンドウサイズ切り替えF3
オートモードスペースキー+Escキー
倍速モード スペースキー+F1キー

※詳しくは、ゲーム中にEnterキーでメニューを開き「?」アイコンの「生活マニュアル」をごらんください。


ワンポイント・ヘルプ

左Ctrlキーを押すと、今いる場所や目の前の建物、持っているアイテムなどの情報を見ることができる便利な機能です。
 

移動しよう

普通にキャラを移動させるには、方向キーを使います。キーを押した方向に、キャラクターが歩きます。急いで移動したい場合は、左Shiftを押しながら方向キーを押すことで、走ることも出来ます。ただし、走ると疲労してしまいます。(画面右上の疲労度のバーに注目して下さい)また、完全に疲労してしまうと、走ることができなくなります。
疲労は、自宅に戻る、もしくは、共和国内に点在する水飲み場で回復できます。水を飲むには、水飲み場に向かって'X'キーを押して下さい。
 

話をしよう

このゲームは、他の住人と会話をして、コミュニケーションを取ることが、重要な要素となっています。会話では、'S'と'X'キーを使います。
  1. 話したい人に近づき、'S'キーを押して、呼び止める。(おーい)
  2. 立ち止まった人の隣に移動して、その人の方を向いて'X'キーを押せば、会話モードに。
 

仕事をしよう

仕事をすることで、仕事ポイントをもらうことが出来ます。夜と休日は納品が出来ません。アルバイトは、夜や休日にかかわらず納品するとお金がもらえます。仕事は、'S'キーを使用します。
  1. 自分の所属するウルグに行く。
  2.  ウルグの仕事場に向かって'A'キーを押すと収穫を始める。
  3. しばらくすると収穫物がとれる。
  4.  とれた収穫物をウルグの納品窓口に持っていく。
※アルバイトはアルバイト場所で'A'キーを押して収穫できます。効率良く仕事するために、ウルグ窓口で仕事道具を借りることもできます。
      

訓練をしよう

ゲームスタート時のキャラは、まだまだレベルが低いので、ショルグでのランクを上げるためにも、訓練をしなければいけません。訓練は'Z'キーを使います
  1. いずれかのショルグに行く。
  2. ショルグ訓練場の端にある、訓練道具の前に立つ。
  3. 'Z'キーを押して、訓練をする。

訓練をすると、経験値が得られます。(画面下の経験値バーに注目して下さい)ある程度経験値がたまったら、Enterを押してメニューを開き、左から3番目の"技能修得"を選択して、レベルアップしてください。訓練すると、疲労の他にストレスも溜まってしまいます。ストレスは、自宅か温泉で回復して下さい。

クリエイターズボイス

このPC版には、ワーネバのシミュレーションゲームとしての魅力を堪能できるように、オートモードや倍速モードなど、PC版ならではのやりこみプレイに便利な機能を搭載しています。

本作は、前作『ワールド・ネバーランド~オルルド王国物語~』のシステムをベースに、ユーザーのご要望を網羅した作品です。前作オルルド王国からの移住、PS版やDC版からのパスワード移住も可能なので、遊びの楽しみも広がります! 


最低システム要件

WindowsOS: 日本語版Windows98/Me/2000/XP/Vista/7/8
CPU: PentiumⅡ(R)300MHz以上(PentiumⅢ(R)1GHz以上推奨)
メモリ: 128MB以上
空き容量: 200MB以上
DirectX: 6.1以上

ユーザーレビュー

12345

投稿日2015-06-04

06:25:14投稿者からすちゃん

自由気ままな生活観察ゲーム

過去にプレイステーション版を購入して遊んでおり懐かしく思い購入しました。
訓練や仕事に打ち込んだり、家庭を持ったり、のんびり生活シミュレートが楽しめてプレイヤー操作を子供に引き継ぐなどして半永久的に遊べます。
早送りやオート機能がありバックグラウンドでも動作させられるので、別の事をしながら生活を観察できるのはとても嬉しい。

(参考になるもの3中3件)

12345

投稿日2015-08-23

06:45:09投稿者h tera

思ったより忙しいゲームです

昔聴いたことがあったブランドだったのでためしに購入。

異世界をのんびり楽しむSIM系ゲームだと思ったら、実はものすごい速度でゲームが進むので
予めなにがどこにあるか、いつどういったイベントが起こるのか把握して計画を立ててから
自キャラの移動速度の遅さも考慮して動かないといけない。
ゲーム速度を5分の1くらいに落とせればいいが…

初プレイは次なにをしようか悩んでうろうろしてるうちにぐんぐん日付ばかりがすすんでしまい
現実の自分を見るようで少しつらかった。

Readmeやオートモードなどでゲーム世界を学習し、
キャラへの愛着はほどほどに、何度もチャレンジするモチベーションがないととっつきづらいかもしれない。

(参考になるもの2中2件)


ロード中