ゆめにっき

ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき
ゆめにっき

ストーリーも目的もない夢の中を彷徨い歩く、名作アドベンチャーフリーゲーム。


ゆめにっきとは

『ゆめにっき』は、2004年6月26日に最初のバージョンが公開されたPC用のフリーゲームです。(なお、PLAYISMでダウンロードできるバージョンは、0.10aになります。)

「夢の中」(という設定)の世界を歩き回るというもので、特にストーリーや目的はありません。歩き回るだけです。特定のキャラをチェックすると「エフェクト」が増えます。「エフェクト」を使うと主人公の格好が変わります。(この時テンキー1or3を押すと特有の動きや効果のあるものがあります)

同じ「エフェクト」をもう一度使うと元に戻ります。扉のいっぱいある部屋の中でだけ「エフェクト」を捨てられます。

作品内に登場するキャラクターの名称さえも一部を除いて明らかにされておらず、この物語の明確な回答は一切提示されません。この奇妙な世界観と奇怪なエフェクトを手に入れるだけのアドベンチャーゲームは、プレイヤーの反響を呼び、全世界で様々な解釈やゲーム背景の考察が成されており、今なお多くのファンを魅了し続けています。また、様々な派生作品がつくられたり、マンガやグッズ、小説などマルチメディア展開も行われたりもしています。

操作方法

カーソル移動、キャラ移動

上下左右キー

メニュー開く、キャンセル

ESCキー

決定、キャラをチェック

ENTERキー

頬をつねる(夢から覚めます)

テンキー9

「エフェクト」によって押すと動きがあるものがあります

テンキー1(or3)

「エフェクト」使用中に押すと「エフェクト」を捨てられます

テンキー5

※エフェクトを捨てられるのは、扉のいっぱいある部屋の中だけです。

※ENTERキーの代わりに「Z」キーや「スペース」キーなどが使えます。

※ESCキーの代わりに「X、C、V、B、N」キーや「Insert」キーなどが使えます。

※テンキーの代わりに数字キーが使えます。

ゆめにっき ver. 0.10aについて

PLAYISMでは、開発者のききやま様のホームページで公開されている『ゆめにっき0.10修正ファイル』がすでに当てられたVer.0.10aを配信しております。当サイトからダウンロードされた方は、修正ファイルの適用は必要ございません。

ゆめにっき プレイするには

プレイには「RPGツクール2003RTP」が必要です。以下のサイトよりダウンロードできますのでインストールしてください。

http://www.famitsu.com/freegame/rtp/2003_rtp.html

メディアへの展開

『ゆめにっき』には、原作をもとにしたマンガや小説も存在しています。

漫画版『ゆめにっき』

著者・漫画:富沢ひとし 原案:マチゲリータ 原作:ききやま 発行元:竹書房

ノベル版『ゆめにっき』

PC用フリーゲーム『ゆめにっき』を原作とする小説。原作者のききやま氏による許可のもと、執筆に『狂乱家族日記』や『ささみさん@がんばらない』などの作品で注目を集める人気小説家、日日日(あきら)氏、挿絵とキャラクターデザインにノベルの挿絵や『マグダラで眠れ』のコミカライズなどで活躍するイラストレーター、有坂あこ氏が参加。原作の世界観はそのままに、期待の俊英によって幻想的な「夢の世界」が描かれる。扉を開けた少女が、そこで目にするものとは――。


最低システム要件

WindowsOS: Windows 2000 / XP / vista / 7
CPU: MMX Pentium(R)200MHz以上(Pentium(R)II450MHz以上推奨)
メモリ: 32MB以上(64MB以上推奨)
グラフィック: 解像度320×240ピクセルおよび800×600以上でハイカラー表示可能なもの
音源: サウンドブラスター互換の音源とPCMを搭載したもの

ロード中